So-net無料ブログ作成
検索選択
大相撲 ブログトップ

白鵬と朝青龍の対戦成績 [大相撲]

大相撲春場所は横綱白鵬の36回目の優勝で幕を閉じました。

addb3f479373a6ed8364b43cf52aa1fc-m.jpg
http://news.livedoor.com/article/detail/9487390/より引用*


しかし、千秋楽白鵬対日馬富士の横綱通しの一番ですが、 白鵬の立合い変化により呆気なく幕を閉じました。

この立合い変化に場内は騒然となり、熱戦を期待した会場内のファン、
世間からも大ブーイングが起きました。

横綱の立合い変化はご法度です。特に白鵬のような強い横綱であれば尚更です。

白鵬をバッシングする声が多い中、擁護のコメントをした人物がいます。
かつてのライバル元横綱朝青龍です。

朝青龍は立合いについて批判をしていた、解説者舞の海秀平さんや、
日本の大相撲ファンにむけ、厳しいコメントを浴びせました。

ライバル白鵬が苦しむ姿に、黙っていられなかったのでしょうか。
(朝青龍は、日馬富士と仲良しで
白鵬とはどちらかと言うと疎遠の印象がありますので、意外でした)


白鵬と朝青龍は名勝負を繰り広げた間柄です。
そういえば朝青龍と白鵬のどちらが強かったのでしょうか。 気になる対戦成績はどうだったのでしょうか。

最近の相撲ブームでファンになられた方は「朝青龍」の取り口をご存じない方もいると思うので、
そちらについても記載して行きたいと思います。

【スポンサーリンク】






白鵬対朝青龍対戦成績



通産対戦成績は白鵬の13勝12敗で白鵬が1勝上回っております。
成績としてはほぼ五分五分と言ってよいでしょう。

実際は、2007年の白鵬の横綱昇進を機に実力が逆転する形ですね。

それまでの朝青龍は6場所連続優勝を誇るのを始め、
無敵の実力を誇っていました。

そこに、白鵬が横綱へと昇進し、実力的にも肩を並べたのです。

白鵬横綱昇進後は、朝青龍もなかなか優勝することが出来ませんでした。

利き腕の左肘の故障も影響したのだと思いますが、
肘の状態が良い場所でも白鵬が勝つ事が多くなりました。
白鵬は朝青龍に7連勝した事もあります。

四つにがっぷり組めば、体の大きい白鵬のほうが強いと言えますね。

一方朝青龍もスピードはありますので、スピードで朝青龍、パワーで白鵬といったところでしょう。

左四つの朝青龍、右四つの白鵬と、喧嘩四つであったのもあり、攻防はとても激しかったです。


平成の名勝負 白鵬対朝青龍



2人は対戦成績の肉薄もさることながら、2人は名勝負を繰り広げた間柄でもあります。

やはりすごいのは、2008年初場所千秋楽の相星決戦です。

右四つに組んだ両者の寄り合いは、まさに横綱決戦にふさわしい一番です。
この力比べは語り草です。
一分に渡る対戦はまさにファンを魅了する一番でした。

(この一番を見ると、白鵬も少し衰えたのだと思います。)

2人ともとても技術が高いのです。
突いて良し、押して良し、組んで良し、回しを切ったり、巻き替えなど多彩なテクニックを持っています。

朝青龍は吊りも得意としていました。

そして、足腰が強い。日馬富士、鶴竜もそうですが、モンゴル人力士は全般的に足腰が強いです。


そのため、簡単に引き、叩きを食わないので攻防があり熱戦につながるのです。
勿論技も多彩ですよ。

特に、朝青龍も白鵬も誇りを持った力士ですので、
気持ちが入った相撲になり対戦も盛りあがりました。

現在相撲ブームですが、ブームがあるのも強い横綱がいてこそです。

今回の立合い変化はかつての白鵬対朝青龍戦からみると、とても寂しいものではあります。

日馬富士も気持ちで相撲をする力士ですので、
熱戦になることが多いのです。

勝負も大切ですが、白鵬には熱戦を今後も見せてほしいです。


タグ:大相撲
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大相撲 休場の遠藤聖大関、十両転落と怪我の状況は?出場は? [大相撲]

本日2016年春場所(大阪場所)の番付発表がありました。
人気力士である、遠藤聖大関ですが、先場所の途中休場もあり、予想通り十両陥落となりました。
番付は東十両6枚目です。
春場所の出場は微妙ですが、大勝ちすれば一場所で幕内に戻れる位置です。

休場の理由であった怪我の状況はどうでしょうか。今場所出場できるのでしょうか。


●遠藤関のプロフィール

遠藤 彼女.jpg

遠藤聖大(えんどうしょうた)
1990年10月19日生まれ
石川県穴水町出身
身長183cm 体重147kg
得意手、左四つ

日本大学相撲部時代には、全日本相撲選手権優勝、そして国体相撲成人の部A優勝のダブル優勝を成し遂げている。
これらは各々アマチュア横綱、国体横綱の二つの称号を得る形になり、鳴り物入りで大相撲会に入門。
2013年には新入幕を果たしています。
甘いマスクと苗字のままでザンバラ頭で活躍した事から、人気者となっています。


●遠藤関の取り口
左四つからの回しを引く相撲を得意としています。上手の位置取りが勝つ相撲は四つ身の時が多いです。
一方土俵際の足裁きもうまく、追い込まれての逆転相撲も多いです。
新入幕以降は、この土俵際の逆転の相撲が何番かありました。
他、立会いの確度、脚の運びといった器用な面が目立ち、技巧派力士と言えます。

反面出足が弱いため、立合いで当たり負けする事が多いです。
特に幕内上位陣との相撲では、出足で圧倒する事は殆どありません。
これが、遠藤関の課題であり、上位定着できない大きな原因と言えます。
別の見方をすれば、土俵際の逆転が多いのも、それだけ相手に押し込まれていることが言えるのです。

舞の海秀平さんも遠藤関のパワー不足を指摘されています。


●遠藤関の怪我について

遠藤関はその人気と裏腹に度重なる怪我で苦しんでいます。
2013年の新入幕以降左足関節捻挫、剥離骨折、アキレス腱炎症。
そして、2015年春場所の松鳳山戦で、左膝半月板損傷、前十字靭帯損傷の大怪我を負います。
その後翌夏場所(5月場所)から復帰し戦い続けました。
問題の左膝にはサポーターはおろか、テーピングも巻かないという気持ちの強さは見せました。
しかし、2016年初場所では足首も故障し、満足な相撲がとれぬまま、休場に至りました。

遠藤関が怪我に悩まされるのは、パワー不足により押し込まれるためです。
押されて堪えた時に、下半身を故障する事が多々あります。
そのため、相撲界では故障した力士は「怪我を防ぐためにも前に出ろ」と言われるのです。

どうしても押される展開が多いので、下半身に負担がかかってしまいます。


●遠藤関は今場所(2016年3月場所)出場できるのか?

報道によると、怪我は大分よくなっていると言われています。
しかし、四股を踏むにも故障箇所をかばっていたりと、まだ万全に相撲を取れる状態とは言えません。
遠藤関の相撲は下半身が重要ですので、このままでは強行出場しても成績を残せないかもしれません。
怪我を悪化させれば幕下転落です。
一方で、自分が人気者であるということを理解しているので、周囲の期待に応えるためにも、遠藤関は休もうとしないのも実状です。

私は、追手風親方が止めるべきだと思います。
十両に残れるのであれば、そこまで休むべきではないでしょうか。

遠藤関はまだ若いです。休んで立て直すことが今一番必要ではないでしょうか。













大関琴奨菊のお嫁さん石田裕未さんは出過ぎ?前職は? [大相撲]

琴バウアーで最近有名な大関琴奨菊ですが、最近メディアの露出が多いです。
新婚と言うこともあり、美人なお嫁さん石田祐未さんと共にニュース紙面を賑わせています。

B-RJyipCQAAZKZb.jpg

一部からはドジャースの前田健太投手の嫁さん同様に、出過ぎでないかとの指摘もあります。

才色兼備の嫁さんですから、メディアに出ても絵になりますよね。
琴奨菊とは美女と野獣カップルですが、石田祐未さんとはどんな方なのでしょうか。



石田祐未さんは1987年生まれの29歳です。琴奨菊が32歳ですので、3歳差ですね。
出身は東京都ですが、お父さんが福岡県柳川市の出身です。
福岡県柳川市と言えば、琴奨菊の出身地です。
2016年初場所、琴奨菊の優勝がかかった一番では、地元柳川市も中継されていました。
大関の出身地と、お父さんの出身地が同じというのは、不思議な縁を感じます。


東京出身の祐未さんは、一時期スウェーデンで暮らしていた帰国子女です。
そのため、語学が堪能で、日本語、英語、スウェーデン語、ロシア語の4ヶ国語を話すことが出来ます。
特に日本にはロシア語を話せる人は少ないので、他の仕事でも需要がありそうですね。
最終学歴は、学習院大学との事で育ちの良いお嬢様ですね。

大学卒業後はその語学力を生かし、
海外の有名ブランドメーカー、エルメス社の日本法人で仕事をしていました。

大関との出会いは知人の紹介だったそうですが、
祐未さんはもともと「スー女」だったそうです。

*スー女とは、相撲ファン(好角家)の女性の事です。


もともと相撲好きの祐未さんが、交際を経て現時点で日本最強の大関と結婚されたわけです。
スー女であった事が、大関にとってプラスだったと言えます。

相撲の世界は独特な世界で、特に琴奨菊クラスであれば引退後は部屋を持つわけで、
祐未さんは女将さんになるわけです。
その覚悟と理解が無ければ務まりません。

結婚後は大関のサポートをするために、フードマイスターの資格を取りました。
嫁さんは内助の功をするわけなので非常に良いことです。



さて祐未さんは出過ぎなのでしょうか。

メディア露出は、結婚会見、披露宴、大関の優勝会見、そして最近は講演会の披露宴と、
冠婚葬祭など必要最小限のメディア露出と言えます。

出過ぎというより結婚と大関の優勝が重なったので、見る機会が多かったと思います。
美人ですからとても絵になりますしね。

大阪場所は祐未さんも帯同し、大関のサポートをするそうです。
メンタル的にとても心強いでしょう。


琴奨菊に活躍してもらい、また千秋楽でメディアに出て欲しいですね。

20160220153246.png
大相撲 ブログトップ
広告スペース
Copyright © ディックの最新ニュース All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。