So-net無料ブログ作成
検索選択

PHMG日本製品への使用は? [ニュース]

韓国で殺虫剤成分PHMGが問題になりました。

加湿器用の殺菌剤オキシーサクサクに含有され、
95人の方が亡くなると言う痛ましい事故が起きました。

とても心配ですよね。

お隣韓国では、このような事故が起きてしましましたが、
日本では大丈夫なのでしょうか。

流通している日本製品にPHMGは使用されているのでしょうか?とても心配になりますね。

その辺について調べてみました。


PHMD日本製品での使用状況



韓国で問題のオキシーサクサクは、厚生労働省によれば、
幸いにも日本では流通されていないそうです。

しかし、浴室用洗剤、柔軟剤、ウエットティッシュなどの商品で、 日本製品にもPHMDが使用されているそうです。

何故、PHMGを使用するのでしょうか。

上記の商品は、”殺菌効果”をうたっているものがあります。
除菌力を高めるためにPHMGを使用しているそうです。
(但し、使用の事実を確認できたのはごく一部の製品とか)

製品としての機能を高めるために、PHMGが出てくるわけです。
ニーズがあっての事と言うわけですね。

それでは、メーカー側の安全へのスタンスはどうなのでしょうか?


日本メーカー安全へのスタンス



勿論日本メーカー側も安全を無視しているわけではありません。

安心の日本製品ですので、そこは期待したいですね。

メーカーは以下の条件で使用しています。

・洗剤に使用する場合の濃度は0.1%以下
・PHMG気化(蒸発)する温度は約250℃、日常的には気化しない


気化については日常的に洗剤として使う分には250℃まで達する事が無いので、
安全面には問題ないということのようです。
そのため一般家庭での危険性は少ないため、使用されているようです。

それでは濃度0.1%は安全なのでしょうか?


【スポンサーリンク】








PHMGの半数致死量は水51kgを飲む事0.1%です。
*半致死量:規定の量を飲むと半分の人が死に至る量

0.1%濃度の液体を51kg飲まない限り、
大丈夫というのがスタンスのようです。

危険性が低いので安全といわれても、やはり心配ですよね。

事実人が亡くなっているわけなので、怖いものは怖いです

それでは、購入時にPHMGの使用有無はわかるのでしょうか?
実は表示義務が無いので、消費者にはわからないのです。

成分表には記載しなくとも良いので、“防腐剤”などと書いているようです。

環境にやさしい商品を選択するしか、完全に回避する方法は今のところ無いようです。


国のスタンスは、“メーカー側で安全性を担保”するよう指導している、
との事でメーカー任せです。

PHMGは日本製品に使用されていますが、
危険度は低いので大丈夫(だろう)ということです。

しかし、科学物質過敏症の話もあるため、危険性は低いとはいえ、
体に入れないほうがいい事は確かですね。


【スポンサーリンク】






スポンサーリンク






タグ:殺菌剤 PHMG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © ディックの最新ニュース All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。